プエラリアの基礎知識

プエラリアの正式名称は「プエラリアミリフィカ(pueraria mirifica)」といいます。タイ北部やミャンマーの山岳地帯に自生するマメ科の植物です(日本でよく食べられる葛の近縁種でもあります)。現地では「ガウクルア」とも呼ばれるようです。見た目は、お芋のような感じをしています。

★プエラリアに含まれているイソフラボン ⇒ プエラリン、ダイジン、ゲニスチン、ダイゼイン、ゲニステイン

■プエラリン(puerarin)はイソフラボンの一種。クズ属の植物に含まれている。★プエラリンには美乳効果があります!
■ダイジンはイソフラボンの一種。クズやダイズの葉に含まれている。
■ダイゼインはイソフラボンの一種。クズやハーブ、大豆製品に含まれている。
■ゲニステインはイソフラボンの一種。クズやハーブ、大豆製品に含まれている。

※ゲニステインをはじめとするイソフラボンは、適切な濃度で摂取することで、前立腺癌や子宮頸癌、乳癌、大腸癌、脳腫瘍などを防止する効果があることが分かっている。更に、ゲニステインは白血病を治療することに有効であることも知られている。

プエラリアには大きく分けて三つの種類があります。赤(グワオーデン)と黒(グワオーダム)と白(グアオークルア)です。
プエラリアの主成分は食物繊維です。そして、植物性エストロゲン、イソフラボンなどが含まれています。
植物性エストロゲンは、女性ホルモンであるエストロゲンを活性化させるはたらきがあります。女性ホルモンのエストロゲンというのは、女性らしい体つきをつくるのに大きな働きを持っています。このエストロゲンを活性化させる効果があるために、プエラリアは美容に効く食べ物として人気を集めているのです。